FC2ブログ

35期より2

本日も35期生に綴ってもらった部活への想いを掲載致します。

   第3回ゲネも終わり、夢のように来ないものかと思っていた定演も現実味を帯びてきました。やることも増え、ブランク明けで果たしてみんなは何割の力が発揮できたでしょうか。

    さて、定演まで3週間を切ったところでみなさんはこの3週間は短いと思うでしょうか?焦るでしょうか?確かにゲネで見つかった改善点、やらかしてしまった反省点、抱き続けてきた目標をこなすためにやるべきことは山積みです。不安から周りが見えなくなってイライラしてすれ違ったり自己嫌悪に走ったり心を保つことが出来なくなったりします。
    3週間走り続けるのは並大抵の心持ちではできません。自分のペースで走りぬけることもいいですがみんなでペースを合わせてたまにはゆっくり行くのも乙ではないでしょうか。

    我々にはともに語らい、時間を過ごし、切磋琢磨しあった仲間たちがいるはずです。ひとつの同じ目標を目指して支え合ってきた関係があるはずです。これは子供ながらに我々が築き、過ごした社会ではないでしょうか。社会に馴染もうと周りをよく見て気付いたあの子の頑張り、社会に触れて成長していった自分、変化し続ける未完成の社会でも得るものは沢山あったのではないですか?

    結局私が言いたいのは仲間を大切にすることと歩き続けることです。どちらも言わずもがな、前者は部活の雰囲気を作るのは我々で気を遣い、声をかけあい、周りをよく見て手を取り合うだけです。後者も目標があるなら分かっているはずです。

   初めての1年生、2回目の2年生、最後の3年生それぞれ違った思いを胸に抱きこれからの時間を大切に慎重に重ねていくでしょう。思いもよらないことが起きるかもしれません。しかし、我々は1人じゃありません。頼れる先輩、支え合える同級生、笑顔にしてくれる後輩。みんなで夢を夢以上のものにしましょう。
35期 Cl O.A
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

頑張ってください!
Profile

渋谷幕張高校吹奏楽部

Author:渋谷幕張高校吹奏楽部

Information
Next→
クリスマスコンサート
  2017.12.13(水)
@幕張南小
New Entry
New Comment
New Trackback
Monthly Archive
Category
Link
Twitter