FC2ブログ

【新規企画】係紹介

今日から本ブログでは係紹介をしてまいります!
私たち渋幕吹奏楽部員たちは、それぞれ一人二役ずつ係を分担しています。その種類約10数個。そんな係たちのこだわりや職人魂などを、阿鼻叫喚?とともに掲載します。

・【係名】お掃除隊長
 部員数:一名
 「講堂を穢す不届きものには鉄槌を下さねば···」という使命感は無いものの全校生徒が使い、気付かず落としていく遺失物や故意に落とすチラシ、靴袋、ティッシュなどを広い講堂の健康と安全を守りしわ寄せを引き受けるほとんどRo〇mbaな私たち。持ち前の家事力(?)を存分に光らせことあるごとに部員へ命令を下す、それがお掃除隊長!

・ミーティング係
 部員数:二名
 部活の始まりと終わりにあるミーティングを進行したり、出席を取ったりするのを、テンションのアップダウンが激しい人とのんびりすぎる人で行っています。アンコンなどの校内発表会での司会もします。

・会計
 部員数:一名
 主な仕事は、部費、領収書、出納帳の管理です。今年は予算がギリギリです。部員の皆さん、部費は期限を守って出しましょう。

・マネージャー
 部員数:二名
 マネージャーはイベントの幹事から花束・写真購入の集金まで直接演奏や部活の運営にかかわりのない仕事を担当していますが、コミュニケーション能力から管理能力まで求められる役職です。そんな仕事をコミュ力があまり高くない2人が、今日も頑張って非協力的な部員に制裁を下しています。

今回の紹介は以上となります、また次回もご覧ください。
 
スポンサーサイト



くちなし

本日は、社会福祉法人 くちなし セルプ・ガーデンハウスでの演奏会を行いました。

本日の演奏会では、くちなしの方々が、私たちの演奏に合わせて手拍子をしたり、歌ったり、踊ったりすることで演奏に参加してくださり、とても和やかな雰囲気で、一緒に楽しむことができました。

この演奏会は毎年行われていて、短い時間ではありますが、実際に、障がいのある方々と関わることができたり、施設の見学をすることができたり、施設の方々のお話を聞くことができたりする、部員にとって、多くのことを学ぶことができるとても貴重な場です。
そのような場を設けてくださる「くちなし」の皆様との、吹奏楽部で代々続いている繋がりをこれからも大切にしていきたいです。

最後になりましたが、社会福祉法人 くちなし セルプ・ガーデンハウスの皆様、本日はありがとうございました。



本日の担当は、36期ClパートのM.Tでした。

楽器・パート紹介!パーカッション篇

今回で最終回となります!今回ご紹介するのはパーカッションパートです。

打楽器(パーカッション)とは、打つ、こする、振るなどして音を出す楽器の総称で、各民族に様々な楽器がある。(Wikipedia)

その歴史は楽器の中で1番古く、最初の打楽器は自身の手足だと言われています。その後丸太や金属などを使った「叩いて音を出すためのもの」が作られていきました。中国から伝わった銅鐸もその1つで、日本では和太鼓や鳴子などが生まれました。こうして各地の特色を活かした様々な打楽器が生まれ、それらが今日同じステージに乗って演奏されていたりします。

パーカッションは誰でも演奏することのできる1番簡単な楽器だと思います。だって叩けば音は出るし。でも意外と奥が深く、私たちの学校にある楽器だけで36種類もあります!(パーリー調べ)
バンドで大活躍のドラムセットやオーケストラの「第2の指揮者」であるティンパニ、皆さんもご存知であろう木琴や鉄琴などの鍵盤楽器から、タンバリンやトライアングルなどの小物楽器まで様々な種類があります。中には車のブレーキや植木鉢を叩いたり、シンバルをバイオリンの弓で弾く、ティンパニをスーパーボールでこする…などの様々な特殊奏法があるのもパーカッションの特徴です。
スティックやマレットと呼ばれる叩くための棒も、材質や長さ、太さによって変わってくるので、それらをうまく組み合わせて曲それぞれに合った叩き方、音色を日々追究しています。

そんなパーカスは、部長率いるゆるふわの極み中学生5人と、生産性のない会話しかできない高校生5人の、計10人で和気藹々と活動しています。演奏会では、舞台の両端でせわしなく移動しながら華麗に舞っています。曲ごとに担当楽器が変わっていくのも、パーカスならではの見どころだと思います。管楽器も大事だけれど、端の方もちらっと見てみてください。

ここで突然ですがパーカスクイズ!あなたは何問答えられるでしょうか?

Q1.皆さんご存知の「鉄琴」は一般的に使われるものを2種類に分けることができます。そのうち大きくてペダルがついてる方をなんというでしょう?
①シロフォン
②ビブラフォン
③グロッケンシュピール

Q2.トライアングルを叩く専用の棒。正式名称は?
①マドラー
②ギロ
③ビーター

Q3.次のうち頭から突っ込める鼓膜楽器はどれ?
①ティンパニ
②スネアドラム
③コンガ











《正解》
A1.②ビブラフォン
①シロフォンは小さめの木琴、③グロッケンシュピールは小さめの鉄琴のことです。ビブラフォンにはモーターがついていて、それを使って鍵盤とパイプの間の板を回してビブラートをかけることができます。ジャズでもよく使われる楽器です。

A2.③ビーター
①マドラーはカクテルなど飲み物をかき混ぜる棒。②ギロは表面がギザギザしていて棒で擦って音を鳴らす打楽器のことです。ちなみにドラムのペダルのバスドラムを叩くマレットのような部分もビーターというそうですよ。

A3.①ティンパニ
これは吹奏楽ではないのですが、マウリシオ・カーゲル作曲「ティンパニとオーケストラのための協奏曲」の最後の小節で、ティンパニ奏者がティンパニに頭から突っ込むような指示が楽譜に書かれています。これは本物の楽器ではなく、本来プラスチックや皮で出来た膜のところに紙を貼って準備されているものなので、楽器は壊していないです。字面より映像の方がインパクトがあるので、某動画サイトなどで調べてみてください。私(パーリー)の一生のうちにやってみたい野望の1つだったりします。


さて、そんなパーカッションパートの印象を他パートに聞いてみました!
・存在がネタ
・部内ダントツの無法地帯
・何でもあり


さて、今回の紹介は以上となります。ここまでご覧いただきありがとうございました。次回からはまた別企画をする予定です、そちらもご覧ください。それでは次回をお楽しみに!
Profile

渋谷幕張高校吹奏楽部

Author:渋谷幕張高校吹奏楽部

Information
Next→
クリスマスコンサート
  2017.12.13(水)
@幕張南小
New Entry
New Comment
New Trackback
Monthly Archive
Category
Link
Twitter