FC2ブログ

ソロコンクールを振り返って

先日行われた千葉市吹奏楽部個人コンクールにクラリネットパートの中二が一名、サックスパートの中三が一名、パーカスパートの高二が一名、ホルンパートの高一が一名、計四名が出場しました。その時の振り返りを掲載させていただきます。


中二クラリネット

私は先日千葉市個人コンクールに出場し、銀賞をいただきました。以前から自分の力を試してみたく、一度は出てみたいと思っていたこのコンクールですが、いざその時になると1人で舞台に立つのが不安で、なかなか踏み出せずにいました。しかし周りの先生や同級生からも背中を押してもらい、短い時間ではありましたが、未熟ながら自分なりに工夫して練習を重ねました。
本番では緊張してアンブシュアが崩れてしまったり、音がひっくり返ってしまったりといったこともありました。しかし審査員の方々からは、私の基礎から見直すべき課題である“音色”や“タンギング”などのご指摘が多かったため、普段の地道な基礎練習がものを言うものだと痛感しました。
今回のコンクールは私にとって本当に良い経験となりました。この経験を生かして今後自分を、そして部全体を、よりレベルアップさせるべく努めていきたいと思います。
最後になりましたが、コンクール出場にあたり支えてくださった先生や先輩方、そして応援してくれた仲間にも、心から感謝しています。


中三サックス

2月2日に行われた千葉市吹奏楽個人コンクール木管部門で金賞及び県大会出場権を頂きました、アルトサクソフォンの中3です。
今回のコンクールで演奏したのは、H・エックレス作曲「ソナタ ト短調」です。
本来全4楽章からなるヴァイオリンソナタですが、Sigurd M.Rascherによるサックス編曲版から第1、2楽章のみ演奏しました。
本番では、お辞儀が早すぎたり、楽譜を忘れたり、表彰式の場所を間違えたり…最初から最後までハプニングが絶えない1日でした。演奏でも終盤目立つミスをやらかし、これはダメだと思いましたが、どうにかこの結果に収まり本当に良かったです。講評で指摘されたことを直すべく、日々精進したいと思います。
最後に、伴奏者、先生、応援してくれた方々。本当にありがとうございました。


高二パーカス

私はTimpaniでTriptych Motifという曲を演奏させていただきました。この曲は早いストロークをしながら音の高さが変わっていくので、腰と腕の動きの速さと正確さが求められて、かなりやりごたえのあるものでした。実際ウエストも細くなりました。本番では目立った失敗もなく自分の中では1番の演奏ができました。8年間ずっとやってきたTimpaniという楽器との演奏を、悔いなくやり遂げることができて安心しています。定演でもこの楽器を演奏する機会があるので、今回の経験を活かしてよりよい演奏ができるよう日々精進します。
最後になりますが、応援してくれた方、手伝いに来てくださった方、何より楽譜の準備から演奏指導まで親身になって支えてくださった荒木先生に感謝の気持ちを伝えたいです。本当にありがとうございました。


高二ホルン

ソロコンへの出場を決めた理由は、自分の個人レベルの技術、特に音色や音の響きといった部分での不足を感じたことです。そこで自分の中で目標を「きれいな音を出そう」と定め、選曲をし、本番まで練習を重ねました。練習をする中で、同じ曲でも全く表現の異なる演奏音源に出会ったり、テンポの揺らし方や強弱を伴奏者と合わせることの難しさを痛感したりしました。結果はどうであれ、一人の演奏者として、また演奏をまとめる生徒指揮の一員として、この経験から残りの部活に生かせることはとても大きいです。最後に、練習や演奏に協力してくれた全ての方々、ありがとうございました。


今回の投稿は以上となります。最後に、応援していただいた方に感謝を伝えさせていただきます。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト



楽器・パート紹介!チューバ篇

今回紹介させていただくのはチューバです!

舞台の右側でひときわ大きく輝いているのが、チューバという楽器です。金管楽器の中では一番大きく、本吹奏楽部の管楽器で最も低い音域を担当しています。
最低音は、なんとピアノの真ん中のドから3オクターブ以上離れたシ♭(B♭管の場合)!低すぎてもはや何の音かわかりません。
あたたかく安定感のある太い音が特徴で、ジャズからオーケストラまで、様々なジャンルで活躍します。普段はベースとしてバンドの下支えをしている分、たまにメロディが回ってくるとがぜん気合いが入ります!

チューバ(バスチューバ)は、1835年に誕生しました。‘‘チューバ”とは、もともとラテン語で‘‘管”を意味する言葉で、次第に‘‘ラッパ”全般を指すようになりました。この楽器を発明したヨハン・ゴットフリート・モーリツさんが、‘‘チューバ”の低音楽器ということで「バスチューバ」と命名したそうです。

その大きさから恰幅のいい男の人ばかりが吹いていそうなチューバ。しかし見た目とは異なり、小柄な人や女性でも、十分演奏することができます。必要な息の量はトランペットやクラリネットよりも多いものの、フルートに比べるとかなり少ないそうです。
本校の中学吹奏楽部では、女子部員がチューバを吹いています!
余談ですが、アニメ「おさるのジョ〇ジ」に出てくる黄色い帽子のおじさんも、チューバを吹くのが趣味です。

現在高校吹奏楽部のチューバパートは、高1と中三一人ずつの二名です。ユーフォニアムと一緒に練習することが多く、まとめてバスパートとして活動しています。

そんなチューバパートの印象を他パートに聞いてみました!
・あらゆる意味で吹奏楽部の大黒柱
・楽器で人くらいなら軽く勝てる
・自分の趣味に突っ走る
・強そうだけど中身かわいい

今回の紹介は以上となります!次回は最終回、パーカッションパートとなります。最後までご覧ください、それでは次回をお楽しみに!
Profile

渋谷幕張高校吹奏楽部

Author:渋谷幕張高校吹奏楽部

Information
Next→
クリスマスコンサート
  2017.12.13(水)
@幕張南小
New Entry
New Comment
New Trackback
Monthly Archive
Category
Link
Twitter