FC2ブログ

【新規企画】楽器・パート紹介!トランペット篇

本日から2週間に一度、楽器・パート紹介と題しまして新規企画を投稿します!各パートリーダーが執筆を担当しています。これを機に楽器に親しんでいたたけたら幸いです。

それでは楽器・パート紹介!本日はアットホームで楽しいパート(笑)、トランペットパートです!
役割分担ばっちり・オタクばかりの高2三人、パート一のしっかり者兼癒し枠の高1二人、明るくて有能・新戦力の中3二人の、合計七人の大所帯で毎日ワイワイやっています。

トランペットという楽器について、皆さんはどれくらい知っていますか?通称「ラッパ」とも呼ばれるこの楽器(もしかしたらこっちの名称のほうが有名かも・・・!?)。主に高音域のメロディーやファンファーレを担当します。クラシックからポップスやジャズまで、使われるジャンルが幅広い楽器です。

そんなトランペットですが、吹奏楽におけるあるあるをパートメンバーからいただいたので紹介いたします。

・みんな楽器の色が銀色。金管楽器全般に言えることだけれど、一般的に金色はジャズで聞くようなパリッとした固い音、銀色はクラシックの柔らかい音が出ます。トランペットはもともとが音が大きいので吹奏楽では銀色のほうがいいとされています。

・位置の関係でホルンと音がぶつかり合う。ホルンの吹奏楽における定位置がトランペットの前&ホルンの音が出てくる場所が後ろ向きなため、フォルテを吹くと申し訳なくなっています。また、指揮者の「ホルン音小さい」の指示が理解できない、すでに大きいと感じてしまう(笑)。

三番管がよく落ちる。トロンボーンのスライドのように、トランペットのピストンにくっついている管は割と簡単に抜けます。三番ピストンの管は多用するため落ちやすい部員が多め。

ここで、「他パートから見たトランペットパート」をいくつかご紹介いたします。

・全員の個性が強い
・けっこうな割合で首が傾いている
・音量の暴力。自由に生きてる人が多い??
・高音吹いているトランペットファーストが哀れ
見た目はしっとり中身はサクサク
・トランペットパートは楽器に息じゃなくて元気を吹き込んでると思います。


以上となります。いかがでしたか?トランペットはもともと知名度が高い楽器ですが、これを機に興味を持っていただけたら幸いです(^^♪
ご覧いただきありがとうございました。

スポンサーサイト



Profile

渋谷幕張高校吹奏楽部

Author:渋谷幕張高校吹奏楽部

Information
Next→
クリスマスコンサート
  2017.12.13(水)
@幕張南小
New Entry
New Comment
New Trackback
Monthly Archive
Category
Link
Twitter