FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化祭2日目

本日、槐祭文化の部の2日目を終えました。1000人ほどの方に来場していただきました。本当にありがとうございました!

今年の文化祭ステージは中高合同でテーマ「時代」を決め、選曲から工夫して作り上げてきました。例年よりハードな日程で、なかなか上手くいかず、不安な点もありましたが、当日のハプニングにも部員が上手く対応し、私たちの精一杯の演奏をすることが出来たと思います。私たちがこのステージにこめた想いが少しでもお客さんに伝えられることができていたら幸いです。

アンケートでは、たくさんの嬉しいお言葉をいただきました。しかし、 練習不足であったところ、反省すべきところが多々あったことも事実です。お客様や先輩方からのありがたいご指摘も参考にして、今後さらに良いステージをつくれるよう努力していきたいと思います。

また、高2はこれで最後の文化祭ステージでした。これから約1年間、私たちの公演はすべて「最後」のステージです。もう来年はありません。1度きりです。だからこそ、その1回を最高のステージにさせるために、1日1日、1音1音大切にしていきたいです。

最後になりましたが、このステージを作り上げるにあたって、たくさんサポートをしてくださった顧問の先生方、OB・OGの先輩方、そして私たちの音楽を聞いてくださった方々、本当にありがとうございました!

本日の担当は35期ClパートのM.Cでした。
スポンサーサイト

文化祭一日目

本日、槐祭文化の部の一日目が終了いたしました。今日は関係者のみの公開ということで、一般のお客様に見ていただく機会はありませんでしたが、600人ほどの方にご来場していただきました。ありがとうございました。
実際にお客様に客席に入って聞いていただくことで、見えてきた課題も部員それぞれあると思います。ご来場いただいた皆様に書いていただいたアンケートにはうれしいお褒めの言葉がたくさん書いてありましたが、一方で厳しいご指摘もありました。明日の本番まで本当に少ない時間ではありますが、すべてを真摯に受け止め、より良いステージをお届けできるように、部員一同全力で駆け抜けていけたらと思います。

高校生になってやらなければならないこと、責任など中学生の時に比べて背負うものが増えたように感じます。投げ出したくなる時もありましたが、演奏会のパンフレットなど自分たちが頑張って作り上げたものがお客様に喜んでいただけて、とても自分の仕事にやりがいを感じました。私達吹奏楽部は一つ一つの演奏会をすべて一から部員だけの手によって作り上げています。至らない点もあるかもしれませんが、楽しんでいただけたら幸いです。

今年の吹奏楽部のステージには去年までとは一線を画した様々な仕掛けをたくさん用意しました。どんな仕掛けかはぜひ実際にお越しいただいてその目でお確かめください!
明日は田村記念講堂にて、9時開場9時10分開演となります。朝早くからの演奏になりますが、途中入場も大歓迎です!たくさんの方のご来場お待ちしております!

本日の担当は36期ClパートのA.Hでした。

文化祭直前

今年も、文化祭の季節がやって来ました。
毎年のことではありますが、文化祭に向けての練習は、合宿で重点的に練習が行われるものの、日数が少なく、いつもよりより質の高い練習・集中力が求められます。
様々な業務作業を含め、特にこの2週間、寝る間も惜しみ、忙しい日々を過ごした部員は少なくありません。

さて、今年の吹奏楽部の企画名は「時をかける吹部」となっています。

今年の演奏は例年と一味違い、中学吹奏楽部と合同で「時代」というコンセプトを掲げました。コンサートが進みながら、部員と一緒に時代を遡っていく構成となっております。
皆さんも聞いたことがあるであろう曲が多く、ノリノリで楽しくお楽しみ頂けること間違いなしです!私達も全力で演奏します。

最後になりましたが、今年の文化祭の演奏時間を下記致します。
8日(土) 13:30~
9日(日) 9:10~

皆さんも、わたしたちと一緒に時を旅しませんか?
田村記念講堂で待っています。

ブログ担当:35期Trp Y.A

合宿

今年度も8月20から22日にかけて、いとうRYO様に合宿に行きました。
例年通り二日目の夜に開催されるアンサンブル大会への練習や来月の文化祭へ向けて曲練習・合奏を行いました。
文化祭の曲練習は、OB・OGの先輩方の指導のためによりクオリティが上がっているの感じられています。残り限られた時間の中で何ができるのかを明確にしながら細かいところにまで妥協せずに練習していく所存です。
アンサンブル大会では、楽器のアクシデントや音に詰まってしまったなどハプニングもありましたが、普段あまりしないアンサンブルをすることを通して得ることも多く感じられました。

一日中楽器を吹いたり、、部員との共同生活をしたりといったことは普段体験できないことでしたし、それをすることによって今までなかった成長を得られたり部員との親睦・結束をさらに深められたと確信しています。
この合宿で新しく自分の課題を見つけられた部員は多いと思います。その課題をひとつひとつこなしていき、個々ではなく全体としてもスキルアップを図っていく所存です。また文化祭というイベントだけでなくその先まで見据えて精進してまいります。

最後に、ご指導してくださったOB/OGの先輩方、引率してくだった先生方、本当にありがとうございました。

担当:高1Euph S.C

コンクールを終えて / 部長より

コンクールが終了しました。

結果は銀賞、あと一歩金賞に届きませんでした。

「銀賞」という結果に対して、沢山の方々から様々な意見を頂き、また部員も様々な思いを抱いていると思います。
そして私は、その思いがポジティブなものであってもネガティブなものであっても、無理にどちらかに切り替えることはなく、それを大切にできるならば、今後吹奏楽と向き合っていく上での糧にできるならば、それぞれの素直な思いのままでいてほしい、と思っています。

次に演奏させて頂く場は文化祭となります。レベルアップした高校吹奏楽部の姿を皆様にお見せできるよう、精進して参ります。

最後に、コンクールを運営してくださった方々、審査員の先生方、素敵な演奏で私たちに刺激を与えてくれた出場校の皆様、そしてなによりも指揮を振ってくださった永峰先生へ、部員一同を代表してここに感謝の意を記させて頂きます。

H.30 7月
部長
Profile

渋谷幕張高校吹奏楽部

Author:渋谷幕張高校吹奏楽部

Information
Next→
クリスマスコンサート
  2017.12.13(水)
@幕張南小
New Entry
New Comment
New Trackback
Monthly Archive
Category
Link
Twitter
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。